新良武志の騎手成績チェックシート

使い方は以下の通りです。馬の能力は一切加味されていないのでご注意ください。馬券に組み込む馬を決める→「じゃあ騎手は?」「種牡馬は?」といった確認用にご使用いただくのがおすすめです。

画像クリックで拡大します

新良武志よりお知らせ

騎手成績チェックシートは告知の下にございます。


2019年の大ヒット 新良氏、帯封をゲット。

リアル的中報告:新良氏がチャレンジCで華麗に帯封をゲット!


◆直近の的中報告

的中 月曜京都9R ◎ヒルノマゼラン 8番人気 単勝2620円 馬連6440円 3連複12330円

昆厩舎の再生策で復調気配の漂うヒルノマゼランを狙い撃つ。成績不振が続き、障害転向や去勢と、あらゆる策を打ったことで、前走は勝ち馬から0.3秒差に好走。その前走から半年ぶりのレースとなるが、中間も猛時計を繰り出しているように、明け7歳で本格化の雰囲気が漂っている。引き続き騎乗する古川騎手は京都芝1200mにおいて勝率12.1%、単勝回収率は179%とハイアベレージを記録。日曜は再び内が有利な馬場傾向になっており、枠も活かして先行すれば上位争いに加わってもおかしくない。

リンク:ウマニティ プロ予想MAX 

的中 フェアリーS ◎ポレンティア 3連複15040円

シルクレーシングの鉄板パターンで育成されたポレンティアが本命だ。サリオスやリアアメリアなど、新馬戦を早々に勝って放牧へ出すのがシルク(ノーザン外厩)の育成スタイルとなっている。ポレンティアも夏の新馬戦を勝つと年明けまでじっくりと乗り込まれてきた。一頓挫あったにしても、無理をせず、いきなり重賞にぶつけるあたりに勝負気配が感じられる。鞍上は引き続き池添騎手を確保。中山芝1600mにおける同騎手は勝率14.3%と優秀で、一発で結果の求められる今回のようなシチュエーションには燃えるタイプだ。シルクの重賞といえば池添騎手というイメージ通り、今回も勝負強さを発揮してくれるだろう。

リンク:ウマニティ プロ予想MAX


◆ウマニティのプロテストに参戦中

現プロ予想家に混じり、予想コンテストに挑戦しています。
先週は回収率で上位の成績を収めました。
ロボ系の予想家を除けばトップ回収率です。

プロ予想家ランキングはこちら

無料メルマガはこちら
有料予想についてはこちら


プロテスト挑戦を記念して、騎手成績チェックシートは全レース版を公開中